よこはまCBsmiles−コミュニティビジネス支援事業
よこはまCBsmiles
HOMEトピックス一覧 > 【報告】「シニアの地域参加」について聞く!〜インターンレポート

よこはまCBsmiles

【報告】「シニアの地域参加」について聞く!〜インターンレポート
2011/02/17


今回は、「シニアの地域参加」について、NPO法人シニアSOHO横浜・神奈川の理事である嶋村さんにお話しを伺いました。(実は当会と同じビル内に事務所があるのですが、突然の依頼にご快諾いただきました。ありがとうございます!)

シニアSOHO横浜・神奈川は、シニアの幅広い活動を支援しているNPO法人で、主に、ビジネス・カルチャー・コミュニティビジネスの3つの活動を支援をしています。ビジネスでは中小企業や企業で働く人を対象に活動を支援し、カルチャーでは会員の相互研鑽、親睦交流を図るために、横浜ウオークやハイク、自分史クラブなどの文化活動を行っています。また、コミュニティビジネスでは地域に密着した活動で社会に貢献しています。

嶋村さんは、これからは「シニアが地域で活躍する時代」と言います。

高齢化が進むにつれて、豊富な人生経験・社会人経験を持ったシニアが増えています。それに伴い、シニアが活躍するNPO法人も増えています。行政側もこの流れの中で、今まで企業に発注していた公共事業を、NPOに発注するようになってきています。NPO法人は地域住民が主体であるため、企業よりも住民のニーズを捉えていることが強みです。新しい公共の担い手として、今後もこの流れは加速していくでしょう。
シニアと地域社会についての調査によると、50代以上で、何らかの地域活動・NPO活動に参加した人の50.7%が職員として関わっているそうです。(アリスセンター調べ)ボランティアだけでなく、もう一歩踏み込んで関わっていく方もたくさんいるんですね。

しかし、シニアが地域の活動に参加するときに、注意する点があると嶋村さんは言います。
「それは、今までの経験がかえって邪魔になってしまうことです。人生経験は豊富でも、新しい場所で新しいことを始めるときは、その環境に馴染まなければなりません。今までのやり方や社会的地位を、新しい環境にそのまま持ち込むと、うまくいかないことが多いです」
スキルに関しては、シニアSOHO横浜・神奈川で勉強会や研修などを通して教えている経験から、そこまで問題ではないそうですが、企業との文化の違いは意識しないといけないようです。

「1番大切な事は、意識を変えること。今までの経験はキチンと活かしながらも、企業とは異なる文化を尊重して合わせていくことも大切です」

定年退職してやることがないと、生きがいがなく、健康にも悪いと言います。
「何かに一生懸命取り組んでいるシニアは非常に魅力的。本人も楽しいし、おまけに健康にもいい。シニアはまだまだ活躍できると確信しています」と熱く語る嶋村さん。なんだか希望が湧いてきますね。(インターン志波)


→SOHO横浜・神奈川
トピックス一覧に戻る
間仕切り
ページトップへページトップへ
サイトマッププライバシーポリシー
CBsmilesロゴ
よこはまCBsmiles
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
横浜市中区住吉町2-26 洋服会館2F
(C) Copyright 2007 よこはまCBsmiles - 市民セクターよこはま