ビルメン未経験者の転職活動

ビルメンテナンスは資格なしで転職できる?設備管理業界に興味のある未経験者へ

ビルメンテナンス 資格なし

ビルメン業界って資格なし未経験でも転職できる?

  • 資格なしでもビルメンテナンス業界に転職できる?
  • ビルメン業界には未経験資格なしでも転職できるの?
  • 無資格未経験でもビルメンテナンスの仕事は可能?

設備管理業界に関心を持ったら、ビルメンテナンスの仕事が視野に入ってきますよね。

でも、ビルメンテナンスは、無資格や未経験でも挑戦できるのでしょうか?

新卒ではなく転職という形でも仕事が可能なのか、気になりますよね。

結論から言うと、ビルメン業界は無資格の未経験者でも転職できます!

この記事では、その理由と、本当になんの資格もいらないのか?ということ、

取っておいたら役に立つ資格についても触れていきます。

ビルメン業界への転職を考えているなら、ぜひご一読くださいね。

ad↑

ビルメンテナンスは未経験資格なしで転職できる!

ビルメンテナンス 資格なし

ビルメン業界は資格なしでも転職できる!

冒頭でも書いた通り、ビルメン業界は未資格経験なしでも転職が可能です。

というのも、ビルメン業界は常に人手不足なんですよね。

求人を検索すれば、未経験者でも応募できる求人情報は多数出てきますし、

実際、会議中には雇用についての話題がよく上がります。

ビルメンに転職する人の特徴は?

ビルメンに中途入社する人の特徴は、年齢層が20代から70代と非常に幅広いことです。

過去の職歴も様々であり、以下のような職歴の人もいます。

  • フリーター
  • 営業
  • 小売業
  • 工場作業員

幅広い職歴の人が中途入社しているビルメンは、前職も専門も学歴も関係なく勤められる職種です。

未経験の人の中では、高校中退後フリーターをした後にビルメンになった人や、

営業のノルマに耐えられずにビルメンになった人などが印象的でしたよ。

ad→

ビルメンが資格を取るならどのタイミング?

ビルメンテナンス 資格なし

資格を取るとしたらどのタイミング?

入社時点で資格を持っている人はわずか

入社時点で資格を持っている人はいますが、少数です。

資格を持っていなかったとしても、転職で不利にはなることはありません。

そもそもビルメンの仕事は、資格が必要なものもありますが、設備の温度計や圧力計を読むなど簡単な仕事が多いです。

無資格でも十分ビルメンとして仕事ができるんですね。

実際に現場でも、最低限稼げればいいという考えで、資格を持たずにのんびり仕事をしている人が多かったですよ。

もちろん持っているに越したことはないので、余裕があれば取っておいてもいいでしょう。

資格は入社後に働きながら取得すればいい

資格は、入社後に働きながら取得することもできます。

資格がなくても十分ビルメンの仕事はできますが、資格があるとより業務の幅が広がり、

収入アップにつながるのも事実です。

ビルメンは交代勤務が多く、宿直は待機するだけで時間に余裕があるので、

この時間を使って少しずつ資格を取れば、確実に資格手当や担当できる仕事が増えて給料も増えていきますよ。

ad→

未経験者におすすめの資格は「ビルメン5点セット」

ビルメンテナンス 資格なし

未経験ならまずはこの勉強から始めよう

ビルメンに未経験で転職する人が、なるべく早く取得したほうがいい資格は以下の5つです。

  • 第二種電気工事士
  • 2級ボイラー技士
  • 危険物取扱者乙種第四類
  • 第三種冷凍機械責任者
  • 消防設備士乙種6類及び4類

これらは「ビルメン5点セット」なんて言われることもありますね。

難易度の低い資格なので、初心者はこの資格を取って資格手当を増やすことをおすすめします。

この五点セットがあれば合計で月収を1〜2万円程度増やすことが可能ですよ。

「5点セット」が実際に役立つかは職場環境による

ビルメン業界で長く働くなら必須と言われる「ビルメン5点セット」ですが、

実際のところ、現場でこの全てが求められるケースはまれです。

「第二種電気工事士」は、管理対象の施設に電気主任技術者という資格者が選任されている場合は不要ですし、

「2級ボイラー技士」「危険物取扱者乙種第四類」「第三種冷凍機械責任者」は該当する設備がなければ役に立ちません。

資格手当や今後のキャリアアップ、業務の幅を広げるために取る資格だと考えましょう。

ただ、「消防設備士」は役に立つことが多いです。

多くの建物に設置されている消防設備を取り扱うことができますよ。

ad→

実務経験者におすすめの資格は「三種の神器」

ビルメンテナンス 資格なし

経験者は難易度の高い資格取得を目指そう

ビルメン三種の神器は以下の資格です。

  • 電気主任技術者
  • 建築物衛生環境技術者
  • エネルギー管理士

大きな施設の場合、法律でこれら3種類の有資格者を選任することが決められています。

需要があるにもかかわらず、最近は人材不足の影響で有資格者が少なくなっているんです。

どれも難易度が高いため、平日約3時間の勉強を数年継続する心構えが必要ですが、

持っているとかなり有利になる資格ですよ。

「三種の神器」を取ったら有資格者として働こう

「三種の神器」については、資格手当だけを目標にすると、

収入の増加が年間で20〜30万円程度しか見込めず、苦労に結果が見合うとは思えません。

それよりも、有資格者として選任できる職場に転職したときに、一気に給料が増えますよ。

ビルメンに限らず、ほかの業種でも有資格者として選任される仕事を目指す場合に取得するのがおすすめです。

ad↓

-ビルメン未経験者の転職活動

© 2024 ビルメン転職の王道